旧福浦灯台
吉田育弘さん

日本一古い木造灯台 志賀町福浦港 船上より撮影

昭和40年3月17日 石川県文化財指定慶長13年(1608年)に日野資信が持ち舟の安全をはかるため、断崖上でかがり火を焚いたのが始まりで、明治43年旧福浦村営の灯台になるまで、日野家代々の手で守られて来たようです。

トップページへ戻る 2018.11.15 テーマ一覧へ戻る