伊勢湾台風之碑
竹村 基さん

昭和34年9月26日 当地区

未曾有の暴風雨 伊勢湾台風が襲い 河川

氾濫水位 本碑の天位まで達し 左記の

通りの被害が発生 惨状を極めた

今 30周年にあたり 後世に之を伝え

建立する

死者    五名

流失家屋  三戸

倒半壊家屋 二八戸

浸水家屋  八九戸

田畑冠水  三十町歩

橋流失   三ヶ所

道路決壊  各所

家畜その地 甚大

平成元年十一月二日

夏見区

この伊勢湾台風の洪水を機に昭和45年に青蓮寺ダムが、昭和49年に室生ダムが、 そして平成10年に比奈知ダムが完成して名張地区の治水は万全の態勢となったかに見えた。

昨年の台風21号では名張川こそ越流しなかったが、宇田川が越流し数戸の家屋に床下浸水の被害が生じた。

(名張川は名張市内で青蓮寺川と宇陀川が合流する)

2018.03.29