旧JR奈良駅舎
吉田育弘さん

1934年竣工の「旧JR奈良駅舎」は、経済産業省から「近代化産業遺構」に指定されている歴史ある建築物です。奈良の寺院の屋根を模し、寺院風和風と鉄骨鉄筋コンクリート造りの和洋折衷様式の、美しい建物として親しまれてきた。屋根には相輪、水煙をのせ、壁面には宝相華、四弁花、忍冬唐草などの古代文様の飾りを随所に用いている。2003年に新駅舎へ切り替わったため、2009年に旧駅舎は、「奈良市総合観光案内所」として生まれ変わりました。

2015.07.10