上賀茂神社
小林 透 さん

上賀茂神社は、正式な名前は賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)で通称上賀茂神社と呼ばれている京都でもっとも古い神社であり、雷(いかづち)の神により、厄を祓いあらゆる災難を除くという厄除明神・落雷除の神として広く信仰されている。境内の円錐形の三角形のかたちをした砂が盛られているのは、立砂とよばれ、神が降臨する場所とされている。鬼門・裏鬼門にお砂を撒き清めるのは、この立砂の信仰が起源で「清めの砂」の始まりである。

2018.03.20