垂水漁港護岸の20cmガシラ
大西 幸さん

午前中に雨も上がり風も穏やかになった12月22日(大潮)午後4時半頃、有料駐車場がすぐ横にある超至便の垂水漁港東護岸に釣行しました。

日没前から16cmメバルが釣れ、その後6時ごろまで手のひらサイズのチャリコ・18cmアコウ・20cmガシラと、短時間にいろんな魚種が釣れました。 フグ・姫オコゼなどのエサ取りは全く姿を見せず、一方メバルはリリース・サイズが多かったですが10匹近く釣れました。特に20cmガシラは、暗闇の中、 重量感のある引きを楽しませてくれました。

しかしその後食いは続かず、6時半頃納竿。これからは寒中での我慢の釣りですが、ここは小春日和の夕まずめ時に釣行すれば、 良型根魚に出会える可能性のあるポイントではないでしょうか。

(釣果写真は、自宅38cmまな板の上で)

トップページへ戻る 2018.12.25 テーマ一覧へ戻る