>


緑樹会(謡曲同好会)

会の名称 緑樹会(謡曲同好会)
設立年および設立の趣旨 28年玉出営業所で「天狗会」として発足。その後、大阪ガス謡曲部の解散を機に、謡曲部のOBが合流し、「緑樹会」に名称を変更した。現在は主として大阪ガスOBの同好会として活動している。
代表者 太田 三和
入会方法 上記代表世話人にご連絡ください。
一言メッセージ 会員の高齢化で80歳台の会員も大勢おられますが皆元気一杯です。謡曲が長寿の源であること間違いなし。例会の後の宴会も楽しみの一つです。歌あり、詩吟あり、コントに、小唄に、新舞踊、時には都都逸まで登場します。経験の有無は問いません。ご入会をお待ちしています。
会費 例会開催時に5,000円(昼食.宴会費)
現在の会員数 19名
例会日 原則として2ケ月毎(偶数月)の第4月曜日に開催しています。
備後町クラブ(3階和室)で開催していますが、8月は、ゆかた姿の「ゆかた会」です。
 芸を競うより、趣味を楽しみ親睦が主です。>例会の時に、次回例会の番組とお役が決まります(地謡は地頭のみ割当て)ので、その間に稽古をします。
最近の活動状況 平成24年4月は、327回目の開催になります。
活動状況の写真 写真をクリックすると大きくなります。



曲目「阿漕」を歌う


300回記念謡曲会出席者全員で

2016.07.15

トップページに戻る。 同好会紹介ページに戻る。