北海道サホロ ラストスキー
西野 潔さん

この3月の上旬、4回目の北海道サホロに、今シーズンの滑り納めに行って来ました。

いつも旅行に行く前に、自宅控えとして行程表を作成しているのですが、作っていて今回大慌てしました。

なんと帰りの飛行機便の日付が1日後ではないですか! それで今から1日早い便を取ろうかとも思いましたが、直近の飛行機は早割より3~4倍もして非常に高いし、また早く家に帰っても暇だし、札幌のシティホテルに1泊余分に宿泊することにしました。

その分、当日の札幌と翌日は旭川まで足を伸ばし、小旅行を楽しんで来ました。(旭川の話は、後刻別途投稿する予定)

サホロスキー場では、今回学習院高等部の1年生(男子のみ、女子は別)がスキー教室で200名来ていたり、またいつものようにクラブメッドの外人ちびっ子がスキースクールで沢山のグループで滑っていて賑やかでした。

またゴンドラではイラン人インストラクター夫妻と一緒になり、なんでも1年日本に住んでいると言ってました。彼から「イランに行ったことがあるか?」と聞かれましたが、行ったこともないし適当な話題を見つけるのにちょっと考えて、昔の世界史を思い出し、「Iran has a great history in the world.」と言ったら、彼が「3000年の歴史がある」と自慢そうに返してくれました。

その後サッカーでお互いの国を褒めあい(どちらの国もアジアNO1などと持ち上げて・・・)するなどして、盛り上がりました(笑)

更に札幌の馴染みの居酒屋では、アルバイトのスタッフと大阪の話で意気投合、関西限定の例のお菓子(ポッキー)をプレゼントしたら非常に喜んでいました。

2019.03.11
TopPageに戻る