啓蟄の日の朝
中田安造 さん

和歌山城では「啓蟄」の日(3月6日)の朝、松の木を害虫から守るために巻かれていた「こも」を取り外す作業が行われていました。

2019.03.11
TopPageに戻る