斑尾タングラム・3世代スキー旅行
西野 潔さん

昨年、横浜在住の息子一家4人と志賀高原(焼額山)にスキーに行ったのに続いて、今回この2月の土日を利用して、近くに住んでいる娘一家4人(孫は小4と小1)と北陸回りで、斑尾タングラムスキー場に行って来ました。

実は、6年前にも妻と今回の娘の小学4年の孫(長男:当時4歳)と3人で、東京駅で色々な新幹線を見せる事と併せて、スキーも出来れば(3~4歳になれば滑れるようになる子供も多い)との欲張りな気持ちも持って、東京経由で今回と同じこのホテルとスキー場に来たことがありました。それで、孫も色々な新幹線を見たり又乗ったりし、着いたスキー場では雪遊びも楽しんでいましたが、スキーのレッスンには全く馴染まず(半日のレッスン料は無駄でした(笑))、その時は孫と一緒に滑る夢は叶いませんでした。

しかしそんなことより二晩の夜が往生しました。夜になると決まって「おうちに帰りたい」「ママのところに行きたい」と孫に寂しい思いをさせ、妻もなだめるのに必死でした。

そんな事があり、それから6年間ずーっとこの幼かった孫に、ジイサンの自分勝手なエゴで辛い思いをさせた事の負い目を持って生きて来ましたが、その孫も滑れるようになり、娘一家にも喜んでもらえる事が出来、やっとこの負い目から解放され、ほっとしている次第です。ちょっと大げさに言えば、もうこれで人生思い残すことはありません・・・と言えるぐらいのハッピーな気持ちです(笑)

2019.02.19
TopPageに戻る