白馬VALLEYスキー
西野 潔さん
1月下旬から2月にかけて5日間、いつもの通り東京回り(関空→羽田→東京駅→長野駅→(特急バ
ス)→八方BT)で、白馬にスキーに行って来ました。ご承知のようにこの白馬(VALLEY)は、
八方尾根、栂池、岩岳、五竜47、白馬コルチナ、白馬乗鞍温泉など、日本では大きなスキー場が隣
接しています。またパウダースノー(管理エリア外の新雪)を求めて欧米人が多数押しかけ、昨シ
ーズンの外人の宿泊客が30万人超とのことで、平日のゲレンデは外人が主です。今回八方尾根、栂
池、五竜・47、コルチナ・乗鞍温泉(隣どおしで行き来可)と4つのエリアを滑りましたが、中で
も大きな目的が2つありました。一つ目は、50年ぶりの白馬コルチナ(隣の白馬乗鞍温泉は初めて
)を楽しむことで、*八方尾根等は約10年前(40年ぶり)から来ているが、一番端にあるコルチナ
へは少し遠く、機会が無かった)  学生時代友人と2人で麓の土倉民宿に泊まり、登行リフトに
ちんたら乗って、何もないゲレンデだった記憶でしたが、30年ほど前に立派で巨大な欧州調のホテ
ルが出来、スキー場は様変わりしていました。当時友人にコルチナの名称は、1956年に冬季オリン
ピックを開催したイタリアの「コルチナダンペッツア」が由来と聞いていましたが、田舎の1スキ
ー場から、やっと名前と釣り合うようなスキー場になっていました(笑)。二つ目は、今シーズン
から八方尾根の従来管理エリア外だった場所(コース図参照)に、新コース「おむすび」が出来た
ので、そこを一度滑り降りる事でした。ご承知のように大昔から八方尾根には黒菱ゲレンデという
上級コースがありましたが、その裏に近年「裏黒菱(通称裏クロ)」等の管理エリア外を滑るコー
スも出来、これらは何回も滑っていましたが今回の「おむすび」にはコテンパンにやられました。
4、5回もソリを外し、外したソリを探すのに難航し、急斜面で雪も深くまた履くのに難航し、
2番出口の標識を見たときのうれしさ!!。     今回たたきのめされ、また帰宅したら酷い
風邪も引いていて、今後年齢的なこともあり、スキーも大幅に自粛して行くつもりです(笑)。
2019.02.05