小林 透さん
短歌二首
皇室の めでたさがある秋の日に
菊の香りとあで姿かな
宝くじ 夢見て買うが当たらない
されどやっぱり大枚欲しい

2018.11.01