都電に乗ってきました
西野 潔さん

5月の連休の後半、暇つぶしに東京の都電に乗ってきました。東京近郊の鉄道については、JR線、私鉄(京急、東急、小田急、相鉄、西武、京王、東武、京成)、地下鉄13線(メトロ9路線、都営4路線)など既にほとんど乗っていますが、都電だけは起終点がターミナルに接続していなくて、不便なこともあり、未だでした。

東京最後の路面電車は、早稲田と三ノ輪橋間、12.2Kmを約1時間かけてのんびり走り、動く時に「チン、チン」と鐘を鳴らして、まるでちんちん電車そのものです(笑) 大阪の阪堺電車みたいなものですね。

今では東京都も外人向けにPRに力を入れて、正式名称「都電荒川線」に、「東京さくらトラム」の愛称を付け立派なパンフレットを作っています。また夕食でいつもの浅草モツ煮通り(ホッピー通り)の居酒屋で飲んでいたら、近畿地方のK町の町議が家族3人で入ってきて、席が隣になり、すぐに打ち解け話が盛り上がりました。

2018.05.31
TopPageに戻る