垂水漁港護岸の24cmガシラ
大西 幸さん

ポカポカ陽気の4月30日(大潮)、海水温も上昇し始め波止根魚の食いも上むいているんではないかとの期待の下、有料駐車場がすぐ横にある超至便の垂水漁港東護岸に釣行しました。
午後5時頃着。期待に反し日没までは、アブラメ新子、ミニ・ハオコゼがかかった程度。やはり『波止釣りのシーズンはゴールデンウィーク明け』からで釣果は望めないと半ば諦めながら、日没後相性のいいL字コーナー近くでシラサエビの撒餌をしながら竿先で誘いをかけたおりましたら、7時過ぎ竿先にかすかなアタリが。一呼吸おいて合わせたところ、久しぶりの重量感のある竿の曲がり。暗闇の中、引きを楽しみながらゴボウ抜きでゲットしたのは24cmガシラでした。
ここは数は期待できない我慢の釣りですが、日没以降に意外な良型根魚に出会えるポイントではないでしょうか。
(釣果写真は、自宅38cmまな板の上で)

2018.05.07