アオサギのコロニー
中田 安造 さん

アオサギは数十から数百のつがいが一ヶ所に集まって繁殖を行います。こうした営巣場所(コロニー)は樹林につくられるのが一般的です。これからが彼らの繁殖シーズンに入ります。因みに、アオサギの飛翔姿はコウノトリに似ていますがその大きさは随分と違います。
 アオサギはコウノトリよりも二回りほど小さく、首が曲がっているのが特徴です。
但し同じような生息域で、魚などの餌場では競合することになります。最後の2枚はアオサギとコウノトリの違いが分かる写真となっています。

2018.03.20

TopPageに戻る