蒸気機関車(ミニSL)の組立て
奥村 和行 さん

子供のころより模型製作を趣味としており、特に鉄道模型は0番、16番、Nゲージと楽しんでおりました。
 自作が主でしたが、十数年前よりより大きな乗用鉄道模型を楽しんでおり、幼稚園や町内のイベント等で、機関車に客車を連結して運転会を行って喜んでいただいていました。
 運転会での車両は、安全を考えて蒸気機関車でなく、主に車のバッテリーとモーターを組み合わせた車両で運行していました。
 しかし、我々の年代は鉄道というとやっぱり蒸気機関車です。現在保有している蒸気機関車は運転が相当難しく、運転会では手間がかかり、乗っていただく方に満足いただくことができません。
 そこで、今回新車を導入することにしました。自作することも考えたのですが、旋盤・フライス盤等の工作機械を揃える必要があり、相当ハードルが高く、何年も掛かってしまいます。少しは工作もしたいので、専門メーカーのキットを購入することとし、今回それを組立て、試運転まで行いました。
 水位調整や石炭のくべ方等もう少し経験を積む必要がありますが、一応運転会等でも運行することができるようになりました。

2018.02.27

TopPageに戻る