Jアラート
小林 透 さん


 J-ALERT(Jアラート:ジェイアラート))は、通信衛星と市町村のJアラート系防災行政無線や有線放送電話を利用し、緊急情報を住民へ瞬時に伝達する日本のシステムである。
従来、水害などの避難情報は車両での巡回放送であったが平成29年9月から、これに切り替わった。
Jアラートによる情報配信が行なわれた場合に、屋外放送を行なうスピーカーの設置場所は、京都府乙訓郡大山崎町に8か所設置、役場屋上に設置しましたスピーカーが、概ね町全域をカバーする広域スピーカー(放送半径1.8Km)で、それを補完する目的で町内に7か所設置されている。
なお、毎日夕方5時には、放送を確認できているかを知るために「ふるさと」の音楽が流される。 
   

 
2017.12.22