ツバメの塒(ネグラ)入り
中田 安造 さん

日没後、紀の川の葦原に沢山(数千羽)のツバメがネグラ(塒)入りするシーンを見ることが出来ます。薄暗い中、すごい速さで空からあるいは海面スレスレからやって来ます。この時間帯ではカメラで鮮明な画像を撮ることは困難です。巣だったばかりの若いツバメや親ツバメが、日中は民家近くなどで過ごしますが夕刻になると大集団となって葦原等をネグラにする習性があるそうです。旅立つ前のひと時です。

2017.08.02

TopPageに戻る